TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた

シェアする

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
2017年5月から運行されるJR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が試運転のため姨捨駅にやってきました。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた

ちょうど、この日(3月4日)は、姨捨駅構内に設置したTRAIN SUITE 四季島専用ラウンジの報道機関向けの公開もあり、大勢の方で賑わっていました。

OBASUTE STATION LOUNGE「更級の月」

今回設置されてラウンジは、姨捨の地にちなんで「更級の月(さらしなのつき)」と名づけられています。
日本三大車窓のひとつ姨捨駅周辺は、いにしえの平安の頃より名月の里として知られ、多くの文人墨客に愛された憧れの地なんです。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
昭和9年建築の駅舎に合わせたデザイン

これまでも、これからもこの素晴らしい眺望と夜景が語り継がれるとともに昔から伝わる更級という地名の響きを伝えたいとの思いから「更級の月」と名づけられたということです。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
ラウンジからは善光寺平の夜景が一望

外装は昭和9年建設の駅舎の雰囲気に

内装は信州の味噌蔵をイメージ、OBASUTE STATION LOUNGE「更級の月」に設えたハイテーブルには、千曲市産ヒノキが使われてました。また、テーブルにはアクセントとして千曲市の特産品でもあるあんず、その茶色かがった木材で作った亀を埋め込んであります。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
テーブルには駅舎の窓枠を模った亀

ラウンジでのおもてなしにも千曲市産

TRAIN SUITE 四季島の旅に参加いただいたお客様は約1時間、OBASUTE STATION LOUNGE「更級の月」で過ごされます。駅から善光寺平の夜景をお楽しみいただくのはもちろんなんですが、ラウンジ内では地元の食材をふんだんに使った酒肴が提供されます。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
千曲市産の食材を使った酒肴

千曲市産のあんずのピクルスや千曲市内の味噌蔵の味噌で漬け込んだチーズ、姨捨の棚田でとれたお米を使い千曲市内の酒蔵で作られた純米酒、この他にも長野県産の逸品を味わっていただく予定です。

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
長野銘醸の棚田も振る舞われます

地元の皆さんによるおもてなし

「姨捨駅を訪れた方にゆっくりとしたひと時を過ごしていただきたい」そんな思いから姨捨駅周辺に住む「おばすて・くつろぎの駅友の会」の皆さんがお茶とおしゃべりのおもてなしをしてくださっています。

また、長野~姨捨を運行している「観光列車ナイトヒュー姨捨」では、地元の協力団体の皆さんが、ご乗車のお客様に夜景のご案内やみそ汁のふるまい、姨捨伝説の語りなどをしてくださっています。

協力団体の皆さんも、このOBASUTE STATION LOUNGE「更級の月」を見ていただきました。今後は、このラウンジのことも姨捨駅を訪れた方とのおしゃべりに加わると思います。

【OBASUTE STATION LOUNGE「更級の月」初公開】

【TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅】

TRAIN SUITE 四季島 姨捨駅にやってきた
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千曲市は信州の中では少し北の方にあります、雪は山間部ほど多くはありませんが、棚田などは一面雪に覆われ景色が一変します。

広 告
広 告