佐良志奈神社 八王子山のカタクリまつり

シェアする

八王子山のカタクリまつりでは、群生地の遊歩道などを管理している地元のボランティアグループ「みどりのサポート隊」の皆さんによる抹茶のサービスが行われます。
春のひと時、境内でカタクリの花を眺めながらのんびり過ごしませんか。
(写真は昨年の様子です)

自然観察会、カタクリまつりに大勢の皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。4月2日現在、カタクリは咲き始めの状況です。

八王子山のカタクリまつり開催

日時 平成29年4月2日(日) 午前10時から午後3時ころまで
場所 佐良志奈(さらしな)神社境内

春めいた八王子山で自然観察

日時 平成29年4月1日(土) 午前10時から11時ころまで
場所 佐良志奈(さらしな)神社 大正橋西詰鳥居下
※参加費無料、歩きやすい服装でお集まりください

カタクリまつり、自然観察の問い合わせ
みどりのサポート隊 豊城さん 090-1693-9057

3月下旬から咲き始めます

戸倉上山田温泉から歩いて10分

千曲市戸倉上山田温泉から歩いて10分ほどのところに天然のカタクリの群生地があります。その群生地は佐良志奈(さらしな)神社の境内にあるんです。

カタクリは山野に生える多年草で、早春になると他の植物に先駆けて芽を出し、3月下旬から4月中旬にかけ花を咲かせます。

春の妖精

春先に花をつけ、初夏まで葉をつけて枯れるとあとは地下で過ごす一連の草花「スプリングエフェメラル(Spring Ephemeral)」春の妖精とも呼ばれる植物の仲間のひとつです。

この仲間にはセツブンソウ、アズマイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウなどがあり千曲市の里山でも見かけます。

地元のボランティアの皆さんが保全

カタクリは、近隣の里山にも自生していますが、こんな人里に近い場所での群生は珍しいのです。地元のボランティア組織の方が保全活動を行い守っているからです。

ところでカタクリって、片栗粉の語源なんだそうです。今では保全活動をしている地域でないと、群生はなかなかお目にかかれなくなってしまいましたが、昔は身近な植物だったのでしょう。

八王子山のカタクリ群生地へのお誘い(PDF)

地図

佐良志奈神社 八王子山のカタクリまつり
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!
千曲市は信州の中では少し北の方にあります、雪は山間部ほど多くはありませんが、棚田などは一面雪に覆われ景色が一変します。