本日7/31「大祓祭(茅の輪)祭り」須須岐水神社

シェアする

本日、7月31日(月)
須須岐水(すすきみず)神社の「大祓祭(茅の輪)祭り」が開催されます。

長さ2メートルにもわたる茅を束ねて作られた「茅の輪」。

この輪をくぐると体が清められ、子供は丈夫で賢くなると言われています。

午前中は幼稚園の子供たちが大勢訪れていました。

祭式は本日7月31日(月)18:00からです。
19:00~22:00までは夕涼み歩行者天国「やしろ夏祭り」も開催され、夜店も出ています。
ご家族でぜひお出かけください。

茅の輪のくぐり方(参拝方法)

茅の輪は8の字を描くように回ります。

①中央から入って

②左から中央へ

③中央から右へ

④もう一度中央から左へ回り

⑤中央をくぐって参拝します。

茅の輪まつりの由来

一年を2季に分けて夏越と年越の2つの年越が行われた頃、
旧暦6月晦日に邪神を和め(なごめ)暦を改めるための祓いの行事です。
又、茅の輪は蘇民将来が疫病を免れるために身を祓い浄める禊(みそぎ)、
輪をくぐり知恵の輪とも呼び、子供がくぐると丈夫で頭が良くなると言われています。

お神主さんが男の子には墨で女の子には紅で額(ひてぐち)に〇を書いてくれます。

須須岐水神社
〒387-0007 長野県千曲市屋代 長野県千曲市屋代1851

本日7/31「大祓祭(茅の輪)祭り」須須岐水神社
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

趣味は旅行と旅行先で自分のとっておきの場所を見つけることです。
千曲市のことをもっと知っていけれるよう積極的に出かけていきます。

広 告
広 告