日本気象協会 あんず開花予想(2018年3月14日時点)

シェアする


第63回あんずまつりが、2018年4月1日(日)~4月15日(日)まで開催されます。

日本気象協会による千曲市の第2回 あんずの開花予想が出ましたのでお知らせいたします。

開花予想日

3月31日(土)
※平年(4月7日)より7日早い。先週の発表より3日早い。

昨年より早い開花が予想

日本気象協会から予想開花日に関するコメント

あんずの開花は、さくら同様、前年秋から春に関しての気温の推移が大きく影響するとみられます。気象協会では、この気温推移を独自の数式により計算し、開花予想を行っています。

それによりますと、寒い冬となったため、休眠打破(休眠からの目覚め)は順調に行われたと考えます。

また、今後の気温は平年より高く、生育が進むと考えられます。また、今後の気温は、前回計算日よりもさらに高くなると予想されることから、開花予想は3日早くなりました。

3月14日(本日)のあんずの里

▽つぼみが大きくなり、開花まであと少し。

あんずまつり情報

第4回 花さかフェスタ開催 ~次世代につなげよう あんずの里~
第63回あんずまつり パンフレット配布スタート!

この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

「千曲市」は長野県の北部、北信地域の南東部に位置するまちです。「日本一のあんずの里」、国の名勝「姨捨の棚田」、開湯120年を超える「戸倉上山田温泉」、そして国の重要伝統的建造物群保存地区「稲荷山」。
恵まれた風土と古代からの長い歴史と文化を持つふるさと・千曲市。
四季折々の魅力ある景色とともに皆さまをお出迎えします。

広 告
広 告