春のちくま花だより(3月23日 開花情報)節分草/カタクリ/あんず/桜

シェアする

春分の日に雪が降る等、今週は寒さを感じる一週間でした。
ですが、季節の花は開花に向けて、準備を進めている様子です。

開花時期・見頃 場所
セツブンソウ(節分草) 見頃(終盤) 戸倉宿キティパーク奥地
倉科コミュニティセンター奥地
カタクリの花 来週から咲き始めか 佐良志奈神社
あんずの花 4月2日~4月17日頃 あんずの里
4月7日~4月下旬頃 戸倉宿キティパーク
治田公園
大雲寺 他

セツブンソウ(節分草)

セツブンソウはキンポウゲ科に属する多年草で日本の固有種で、絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定されている貴重なお花です。
石灰岩のある地質を好むといわれ、関東地方や中国地方の山地などに分布しており、千曲市は長野県のその北限にあたります。

セツブンソウを見ると、「寒い冬から暖かな春を迎えられたことを感じる」と言われ、この季節になると開花を楽しみにされている方が多くいらっしゃいます。

開花情報:見頃も終盤。来週を目途に散り始め

3月23日現在のセツブンソウは見頃も終盤。今週の寒さが原因か、少しづつ散りはじめを迎えています。予想では3月28日まではご覧いただけるとのことです。

場所

カタクリの花

春先に花をつけ、初夏まで葉をつけて枯れると、あとは地下で過ごす一連の草花のことを総称して「スプリングエフェメラル(Spring Ephemeral)」と呼びます。春の妖精ともいわれ、カタクリはその植物の仲間のひとつです。
近隣の里山にも自生していますが、戸倉上山田温泉から歩いて10分程度の人里近い場所での群生は珍しいといわれています。

開花予想

3月23日時点のカタクリの花もまだ蕾ですが、つぼみがとても大きくなってきました。予想では3月28日(水)頃に咲き始めを迎え、2週間ほど楽しめる見込みとのことです。

場所

イベント情報

4月7日(土)10:00~15:00に茶道教室なごみ会とみどりのサポート隊の皆さんがボランティアで行っている「八王子山のかたくり祭り」が開催されます。

20180309143622979のサムネイル

あんずの花

「一目十万本」「日本一のあんずの里」と呼ばれて久しく、市民の自慢でもあるあんずの里。桜より一足早く咲くため、桜の開花が遅いケース等で活用できるのも魅力です。
元禄時代、伊予宇和島藩主・伊達宗利公の息女”豊姫”が、第三代松代藩主・真田幸道公に輿入れの際に、故郷を懐かしみ持ち込んだ苗が始まりといわれています。

開花予想

あんずの花も、咲きはじめまであとわずか。日本気象協会の発表では4月2日が開花予想日となります。

▶日本気象協会 あんず開花予想(2018年3月20日時点)

場所

イベント情報

4月1日(日)~15日(日)までの期間中、あんずの開花と併せて「あんずまつり」と「花さかフェスタ」が開催されます。
▶第63回あんずまつり パンフレット配布スタート!
▶第4回花さかフェスタのチラシができました(2018年版)

あんずの花が見頃を終えた時期に満開を迎える桜の花。千曲市の桜は知る人ぞ知る名所で、比較的混雑なくお花見ができるのが魅力。

開花予想

桜の花の蕾も大きくなってきました。開花予想は先週の発表より2日遅い、4月7日です。

場所


イベント情報

桜の名所の一つ、治田公園では4月1日(日)~28日(土)までの期間中「治田公園桜祭り」を開催します。
ぼんぼりを使ったライトアップや、露店営業・物販会も。お花見と併せてお楽しみください。

春のちくま花だより(3月23日 開花情報)節分草/カタクリ/あんず/桜
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

【着任年】2017年4月 【出身地】北海道札幌市 【一言と意気込み】前職までに経験した、ITに関する知識を活かして、千曲市の発展に貢献できればと考えています。どうぞよろしくおねがいします。

広 告
広 告