長野銘醸 2018蔵開き!

シェアする

毎年恒例となりました信州更科の蔵元、長野銘醸の「蔵開放」が今年も開催されます。

姨捨正宗の各銘酒の試飲に甘酒の振る舞い、袋吊りのお酒の販売やピアニカ奏者Tommy Choさんのライブも行われます。

ぜひお誘いあわせの上、お出かけください。

長野銘醸

三百有余年、創業時のままの蔵で、昔ながらの手造り純米を続けている酒蔵の長野銘醸。
水は信州更科の湧水「八幡の七清水」を、米は地元姨捨の棚田産「美山錦」をはじめとした長野県産米を使用し水、米、そして造りから貯蔵・熟成と、全てに丹精を込めた酒造りをされています。
代表的な銘酒は「姨捨正宗」をはじめ、「棚田」「風神雷神」など。

この蔵開きで、酒蔵を見学して歴史にふれてみては。

2018 長野銘醸 蔵開放 開催日時

平成30年4月28日(土)10時~16時(15時最終入場)
<雨天決行>
【入場無料】

会場

長野銘醸(株)
〒387-0023 長野県千曲市大字八幡275
TEL:026-272-2138 FAX:026-272-2380

駐車場に限りがございますので、公共交通機関、無料シャトルバスをどうぞご利用ください。
なお無料シャトルバスの時刻表は「長野銘醸 蔵開きチラシ」に記載されていますのでご確認ください。

2018 長野銘醸 蔵開放チラシ

会場案内図

出店ブースでは、千曲市内や近隣市町村から、おいしいものが多数販売されるそうです!
飲食店ブースでは、かき氷、焼き鳥などもメニューもいっぱい!

地図

長野銘醸 2018蔵開き!
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告