千曲市からアートを発信!「萱アートコンペ2018」

シェアする

コンテンポラリーアート(現代アート・現代美術)の一般公募展「萱アートコンペ(KAC)2018」が今年も開催されます。

「萱アートコンペ」とは千曲市にアートシーンを創出し、文化芸術の創造・交流の場となり、さらに人と「まち」の潤うことを趣旨とされたイベントです。

このイベントに伴い、昨年度2017の受賞者展、また受賞者によるギャラリートークが行われます。

萱アートコンペとは?

「萱アートコンペ」とは、コンテンポラリーアートの小品にスポットを当てた一般公募展です。2016年から開催し、今年で3回目。長野県外からの出展も多く、昨年度は50数点以上の出展がありました。

今までアート企画がなかった千曲市にアートシーンを創出し、文化芸術の創造・交流の場となり、さらに人と「まち」の活性化をテーマとしています。

会場となる施設は、千曲市戸倉にある坂井銘醸内。昔の面影が残る茅葺き屋根の酒蔵、江戸時代の面影を残す空間で、現代アートを楽しむことができます。

萱アートコンペ2018 スケジュール

平成30年5月7日(月) 萱アートコンペ2018公募開始
平成30年6月4日(月)~6月29日(金) 萱アートコンペ2017受賞者展/プレイベント
平成30年6月17日(日) ギャラリートーク
平成30年7月31日(火) 萱アートコンペ2018公募締切
平成30年9月上旬 公募作品審査
平成30年10月6日(土)~10月28日(日) 萱アートコンペ2018受賞者展覧会

萱アートコンペ2017受賞者展

萱アートコンペ(KAC)2018プレイベントとして、「萱アートコンペ2017受賞者作品展」が以下の日程で開催されます。

【日にち】平成30年6月4日(月)〜6月29日(金)
【時 間】午前9時〜午後5時
【場 所】Blanc アートギャラリー / 坂井銘醸 蕎麦処「萱」併設

関連イベント「出品作家によるギャラリートーク」

また、昨年度2017の萱アートコンペ受賞者によるギャラリートークが行われます。
作品の制作にかかわるお話や作家の素顔など、現在活躍されているアーティストの話が生で聞ける楽しいイベントです。

質問にも答えてくれます。皆さまお気軽にご参加ください。(※入場無料)

【日にち】平成30年6月17日(日)午後2時より
【場 所】坂井銘醸 蕎麦処「萱」併設 アートギャラリーBlanc・酛蔵・昭和蔵
【お問合せ】Tel.026-275-0033(代)
【ギャラリートーク】梅田明雄(美術家/梅田版画工房)、義家麻美(萱アートコンペ2017大賞受賞)、他

会場は築250年。有形文化財 坂井銘醸

萱アートコンペの会場となるのは、千曲市戸倉にある坂井銘醸 蕎麦処「萱」。
築250年、有形文化財として登録されている建物です。
江戸時代の面影を残す民家造りの店内では、本格的なそばとそば料理をお楽しみいただけます。

蕎麦料理処 萱
〒389-0804 長野県千曲市戸倉1855-1
TEL:026-276-7205

戸倉駅前すぐ、萱葺屋根が目印です。
http://chikuma-kanko.com/facilities/post-1353/

気軽にアートに触れてほしい

「千曲市には今までアートが集まる場所が少なかったのですが、気軽にアート・美術を見て頂けるようにと、この企画が始まりました。美術館や画廊に出かける人だけが絵を見るのではなく、観光やお蕎麦を食べに来た人も気軽にアートに触れていただきたいと思います。かたくなく、気軽に楽しんで頂きたいです。」

とお話するのは、萱アートコンペ実行委員長の梅田明雄氏。

坂井銘醸は、戸倉駅から徒歩2分。上田駅、長野駅からのアクセスも良いです。ぜひお立ち寄りください。

萱アートコンペ ホームページ
http://kayaartcompetition.com/

TEL: 026-276-1316
Mail: info@kayaartcompetition.com

千曲市からアートを発信!「萱アートコンペ2018」
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告