生あんず直売 現在の品種は平和・信山丸が中心です

シェアする

長野県千曲市では、貴重でフレッシュな生のあんずの販売が始まっています!
初夏の味覚、甘酸っぱいあんずが産地で直接お買い求めいただけます。

現在、販売されている品種平和、信山丸中心となっています。

日本一のあんずの里 千曲市

長野県千曲市は “日本一のあんずの里”。あんずの生産量は県内トップを誇ります。
生のあんずはデリケートで傷みやすく、収穫時期が短い果物です。そのため首都圏ではなかなか手に入らない高級品です。

今年(平成30年)は昨年度よりも早く販売がスタートし、7月初旬頃までの販売を予定しています。

あんずには様々な品種がありますが、現在「平和」、「信山丸」といった品種が中心に販売されています。

平和

大正時代に長野県埴科郡(現:千曲市)のあんず園で発見され、第一次世界大戦の終結を記念して命名された品種であり、千曲市生まれの品種です。
酸味が強く、甘みが少ないので、主にジャムなどの加工用として最適です。酸味があることでジャムにしたときに味がぐっとしまります。

信山丸(しんざんまる)

香りが良く、実がしっかりとしている品種です。甘みと酸味のバランスが良いと言われています。形が良いので、最近はシロップ漬けに使う人が増えています。
平和よりも酸味が少ないので、生食でもお楽しみいただけます。

珍しい品種に出会えることも

珍しい品種に出会えるのも、産地ならでは!こちらは「甚四郎(じんしろう)」という品種です。あまり出回らず、珍しい品種です。

△種がほぐれやすく、シロップ作りに最適!(あんずの里スケッチパークより)

今後、様々な品種が販売

これから徐々に「昭和」、「信州大実(しんしゅうおおみ)」、「ハーコット」など様々な品種へと移り変わっていきます。

あんずの里のおばちゃんいわく、「最初は生でそのままの味を楽しんで、残りはジャムやシロップなどに加工して1年中あんずを楽しむのがおススメよ」とのこと。

手作りの良いところは、無添加ということ。また自分好みの甘さにできることです!ぜひ、みなさんもフレッシュな生あんずを使って、手作りあんずジャム・シロップ漬けなどにチャレンジしてみませんか!

【あんずジャム&シロップ作りは、あんずの里観光会館でも体験できます!
あんずジャム&シロップ作り体験 予約受付スタートしました

生あんずの販売

以下のお店で農家直送🌟超フレッシュ!な生あんずをご購入いただけます。

あんずの里スケッチパーク
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1735-1
℡なし
【営業時間】8:30~売り切れ次第終了
あんずの里物産館
Googleマップ
〒387-0007
長野県千曲市屋代507-1
℡026-274-7712
【営業時間】9:00~18:00
杏宝園
Googleマップ
〒389-0813
長野県千曲市若宮1092-2
℡026-214-6893
6月22日~7月20日。戸倉駅で販売。
【販売時間】9:30~売り切れ次第終了
Googleマップ(戸倉駅)
杏里庵
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1096
℡026-273-2006
FAX026-273-2540
【営業時間】8:00~17:00
横島物産
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1401-6
℡026-273-1311
FAX: 026-273-1326
【営業時間】8:30-17:00
JAながの 森店
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市大字森1401-7
℡026-272-0118
【営業時間】8:30~16:30

生あんず直売 現在の品種は平和・信山丸が中心です
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告