生あんず直売!終盤です。今だけのフレッシュあんずをお見逃しなく!

シェアする

生あんずの直売・あんず狩りシーズンも終盤となりました。

貴重でフレッシュなあんずを生のまま、かぶりつき!! そんな贅沢な食べ方ができるのは 信州ならでは!

「え!あんずって生で食べたことない!!」という皆さまへ。あんずを生で、そのまま食べることができるのは、今の時期だけ!

日本一のあんずの里」長野県千曲市へ、みなさまどうぞお出かけください。

あんず直売は7月の初旬まで

今年(平成30年)のあんず直売は、7月10日頃までとなる見込みです。

ここ数日でぐっと気温が高くなったこともあり、あんずの成長も早まっています。また今後の台風の影響により、販売状況も左右する可能性があります。

そのため生あんずをお求めの方は、できるだけお早めのお越しをお勧めします!

あんずを生でがぶり!

長野県千曲市は “日本一のあんずの里”。あんずの生産量は県内トップを誇ります。

生のあんずはデリケートで傷みやすく、収穫時期が短い果物です。
そのため首都圏ではなかなか手に入らない高級品です。

また、日持ちが短いため、主にジャムやシロップなどの加工品として楽しまれることが多い果物です。
そのため、生の果実を食べるという機会は一般的には少ないかもしれません。

しかし!新鮮なあんずは、生でも美味しく食べる事が出来ます。一度食べたら、その美味しさにびっくり!毎年シーズンになると、フレッシュなあんずを求めに遠方からも多くのお客様が千曲市へ訪れてくださいます。

あんず直売!産地ならではの品種の数!

あんずには様々な品種がありますが、現在は「昭和」、「信州大実」、「ハーコット」という品種が中心です。

△あんずの里物産館

生食用あんずとして大人気なのは「ハーコット」。ハーコットは酸味が少なく、甘いのでとっても食べやすいあんずです。

冷蔵庫で冷やしてそのまま、がぶりっっ!!と、かぶりつき、甘酸っぱい食感を味わっていただくのがおススメです!(少しすっぱいと感じるときは数日寝かしてみてください♪)

△ハーコット。従来の日本のあんずに比べて糖度が高く、とってもフルーティー!

今後は、最後に「信月」という品種が出回り、今年のあんずシーズンは終了となります。
あんずシーズンも残すところ、あと1週間ほどです!!

ぜひ旬の味をお見逃しなく!!!

生あんずの販売

以下のお店で農家直送🌟超フレッシュ!な生あんずをご購入いただけます。

あんずの里スケッチパーク
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1735-1
℡なし
今年の販売は終了しました。
あんずの里物産館
Googleマップ
〒387-0007
長野県千曲市屋代507-1
℡026-274-7712
7/8頃まで販売予定
【営業時間】9:00~18:00
杏宝園
Googleマップ
〒389-0813
長野県千曲市若宮1092-2
℡026-214-6893
6月22日(金)~7月20日(金)まで。
【販売時間】9:30~売り切れ次第終了(期間内全日)
Googleマップ(戸倉駅)
杏里庵
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1096
℡026-273-2006
FAX026-273-2540
7月10日頃まで販売予定
【営業時間】8:00~17:00
※あんず狩りは7/3で終了しました。
横島物産
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市森1401-6
℡026-273-1311
FAX: 026-273-1326
7月中旬まで販売予定
【営業時間】8:30-17:00
※あんず狩りは7月10日頃まで。気候によりあんずの成長が左右されます。お早めのお越しをお勧めします。
JAながの 森店
Googleマップ
〒387-0005
長野県千曲市大字森1401-7
℡026-272-0118
7/5まで販売
【営業時間】8:30~16:30

市場に出回らない珍しい品種も

こちらは「楊貴妃」という品種です。

△あんずの里スケッチパークより。(7/4時点はまだ少し青い状況でした。)

熟すと赤く、大きな実になります。
楊貴妃の特徴は、なんといっても芳醇な香り。
世界三大美人と呼ばれる楊貴妃を思わせるような気品を感じるあんずです。

△酸味がある品種ですので、加工用としてもお勧めです。あまり出回りませんが、珍しい品種の紹介でした!

杏仁作りにチャレンジ!

あんずの里では、あんずの種を販売しているお店もあります。

あんずの種を割ってみると、「仁(さね)」と呼ばれる白い部分が入っています。この仁(さね)を乾燥させた物は杏仁と呼ばれ、主にお菓子や漢方薬として使用されています。

※漢方薬の薬味として使うときは「杏仁:きょうにん」と読み、菓子などに使うときは「杏仁:あんにん」と呼ぶそうです。

この杏仁には、咳の症状を緩和させたり、痰を切りやすくする、また潤腸作用があり便秘の解消効果が期待できると言われています。


△杏里庵の店頭にて販売中。杏仁の詳しい作り方はお店の方にお聞きしてみてください。

種まで楽しめるあんず。
もしお時間ある方は、杏仁作りにチャレンジも良いかも知れませんね!

この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告