春の箱膳体験会

春の箱膳体験会

古き良き日本の食事スタイルを体験してみませんか?

江戸時代から昭和初期まで伝わっていた、日本の食文化「箱膳」。

箱膳の蓋を裏返しにして、その上に皿を並べ、土地の作物を使った郷土食をいただきます。
お食事をしながらメニューや食文化の説明が受けられ、食の作法が身に付くのも嬉しいポイント♪

例えば、食事の最後にお茶碗にお湯を注ぎ、一切れ残しておいた香の物のたくあんでお茶碗をきれいにする。こんな体験も箱膳ならでは。
地元の方の手で、一品一品心を込めて作られたお料理をじっくりと堪能してみませんか?

春の箱膳体験会

設定日 4/15(日)・4/22(日)

  • 4月15日(日) 【予約受付中】 ※受付締め切り
  • 4月22日(日) 【予約受付中】 ※受付締め切り

参加費 1,500円(お一人様あたり・税込)

  • 〈募集定員〉 20名(先着順) 〈最小催行人員〉 15名
  • 〈募集締切〉 要予約 7日前まで
  • 〈集合場所〉 千曲市屋代公民館  〈食事条件〉 昼食1回付(「箱膳」)

当プログラムは旅行商品ではありません。

スケジュール(行程)

  • 11:45 現地集合(千曲市屋代公民館)
  • 12:00~ 箱膳体験(約70分)
  • 13:10頃 現地解散

当日、電車でお越しの方は、屋代駅から屋代公民館までガイドがご案内します。
(11:25 屋代駅集合)ご希望の方は、お申し込み時にお伝えください。

集合場所

千曲市戸倉創造館

春の箱膳体験会
料理は箱膳を使って食育活動を進めている「ひらがな料理普及隊」の皆さんがご用意

「千曲市」は長野県の北部、北信地域の南東部に位置するまちです。「日本一のあんずの里」、国の名勝「姨捨の棚田」、開湯120年を超える「戸倉上山田温泉」、そして国の重要伝統的建造物群保存地区「稲荷山」。
恵まれた風土と古代からの長い歴史と文化を持つふるさと・千曲市。
四季折々の魅力ある景色とともに皆さまをお出迎えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする