あんず開花情報 落花盛ん 桜は姨捨で見頃【平成30年4月9日現在】

シェアする

第63回あんずまつりが、平成30年4月1日(日)~4月15日(日)まで開催しています。
3月下旬から咲き始めた杏の花。現在、散り始めを迎えていますが、山間地ではまだご堪能できる場所がございます。

あんず開花情報

現在のあんずの里は山間地が最も見頃。

特に、上平展望台から少し山手に上ったところ、大光寺へ行く道の途中のあんずの花がとてもきれいに咲いています。
※上平展望台より上は狭い箇所があり、大光寺駐車場しかありません。お車のご利用は、ご遠慮ください。


△大光寺

△枝にはまだお花がしっかり残り、十分にお楽しみいただけます。


△高台から見るあんずの花と千曲市街の景色。


△わんちゃん達も揃ってあんずの花で楽しくお花見!

ここ数日の強風や雨には耐えてくれましたが、徐々に落花が盛んとなっています。お早めにお出かけください。

あんずと桜、水仙のコラボレーション

現在、あんずの里 窪山展望台付近では、桜や菜の花、水仙も見頃です。

△桜の女王「陽光」。ソメイヨシノと比べると樹幹の色が褐色で、花色が鮮やかなピンクであることが特徴。


△桜と菜の花。


△水仙が、ピンク色の染まったあんずの里を更に明るく彩ります。

あんずまつり <駐車場・お店情報>

あんずまつりも後半に入りました。
明日(平成30年3月10日)より公営駐車場は無料でお使いいただけます。

また以下のお店は本日、または明日で終了となります。

  • 夢麺(あんず茶屋):平成30年3月9日(月)まで
  • あんずおもてなし食堂(あんずの里観光会館内):平成30年3月10日(火)まで
  • あんずの里 スケッチパーク 千曲ブランド販売:平成30年3月10日(火)まで
  • JAながの森 千曲ブランド販売:平成30年3月10日(火)まで

大人の「野点茶会」 あんずの里にて

明日、4月10日(火)は、あんずの里でお抹茶をお楽しみいただけます。
あんずの花を愛でながら抹茶で一服。風流なひと時をどうぞお過ごしください。

【花さかフェスタ 大人の野点会】

日時 平成30年4月10日(火)11時~14時の間
場所 千曲市 ・上平展望 花さか村広場
参加費 1席300円 杏菓子付き

花さかフェスタ

桜は姨捨で見頃 実はあんずの木も

標高の高い姨捨駅周辺では、これから桜の見頃を迎えます。
実はあんずの木も少しあり、こちらも見頃。もしよろしければ、あわせてご訪問ください。

△JR姨捨駅構内の一本桜(2018年4月9日現在)


△姨捨駅から徒歩5分 姨捨公園からの景色(2018年4月9日現在)


△姨捨駅から徒歩10分 姨捨観光会館から徒歩5分 月見畑の桜


△実はあんずの木も少し

あんずまつり情報

第63回あんずまつりが、2018年4月1日(日)~4月15日(日)まで開催されます。
あんずまつりの詳細は、こちらをご参照ください。

あんずまつりマップ(表)PDF
あんずまつりマップ(裏)PDF

平成30年あんずまつりシャトルバス時刻表

第4回 花さかフェスタ開催 ~次世代につなげよう あんずの里~

第63回あんずまつり パンフレット配布スタート!

※あんずの里は、道幅が狭く、おまつり期間中は歩行者が多数おります。お車の運転、通行には十分にご注意ください。
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

「千曲市」は長野県の北部、北信地域の南東部に位置するまちです。「日本一のあんずの里」、国の名勝「姨捨の棚田」、開湯120年を超える「戸倉上山田温泉」、そして国の重要伝統的建造物群保存地区「稲荷山」。
恵まれた風土と古代からの長い歴史と文化を持つふるさと・千曲市。
四季折々の魅力ある景色とともに皆さまをお出迎えします。

広 告
広 告