マンホール・棚田・ため池・歴まち 千曲市は今、カードが熱い!

シェアする

千曲市は今、カードが熱い!

信州千曲市では、現在、複数の施設でその場所ならではのカードを提供しています。

2018年8月28日時点における提供中のカードがコチラ!

更に、期間・枚数限定で姉妹都市「愛媛県宇和島市」のマンホールカードの提供もしています。(復興支援)

マンホールカード 第7弾

マンホールカードカードとは「下水道広報プラットフォーム(GKP)」が企画・監修しているコレクションカード。

第7弾として配布がスタートしている千曲市のカードには町のシンボルである千曲川、背景には戸倉上山田温泉の街並みと山々、そして周囲には「ヤマザクラ」と「ヤマツツジ」が描かれています。

▽配布に関する情報はコチラから

千曲市マンホールカード 絶賛配布中!!
デザイン性溢れるマンホール蓋をコレクションできる「マンホール...

マンホールカード 第8弾

第8弾として配布がスタートしている千曲市のカードには千曲川を泳ぐ鮭。

デザインの由来は、『千曲川にサケを再び!』のキャッチコピーから、千曲川の波を背景に2匹の鮭を当時の更埴市『こ』の字に配した市章を表現したものです。
また、千曲市の市花&市木である、あんずの花と実がデザインされています。

▽配布に関する情報はコチラから

千曲市第2弾マンホールカード 8月11日(土・祝)より配布
デザイン性溢れるマンホール蓋をコレクションできる「マンホール...

信州棚田カード 姨捨の棚田

「信州棚田カード」は歴史ある農業資産”棚田”への理解を深めるとともに、農産物の販売促進や棚田地域の保全活動の拡大等、農業振興や農村の活性化を図るために配布しているカードです。

また、スタンプラリーも併せて開催しています。(応募締切:2018年11月12日)
カードの配布場所で棚田のスタンプを集めると抽選で信州の農産物が。
さらに、ため池カードの配布場所で、ため池スタンプも集めるともれなく「棚田プレミアムカード」がGetできます!

▽配布に関する情報はコチラから

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

▽施設に関する情報はコチラから
▶【さらしなの里古代体験パーク・歴史資料館】 お子様の夏休みに!

信州ため池カード 大池

「信州ため池カード」は歴史ある農業遺産である”ため池”を情報発信することで、地域の知名度向上や地域農産物等への関心を高めるとともに、農業振興や農村の活性化を図るため配布しているカードです。

また、スタンプラリーも併せて開催しています。(応募締切:2018年11月12日)
ため池と棚田カードの配布場所でスタンプを集めるとめるともれなく「棚田プレミアムカード」がGetできます!

▽配布に関する情報はコチラから

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

▽施設に関する情報はコチラから
▶涼しい高地で残暑を乗り切る。大池市民の森・大池自然の家

歴史まちづくりカード

歴まちカードは地域の歴史、伝統、活動等を写真で紹介することにより地域固有の歴史的文化遺産の魅力を発信するとともに、実際にその地域を訪れ、歴史を感じてもらうきっかけとすることを目的として作成されたカードです。


お越しの際は、ふる里漫画館(近藤日出造記念館)や稲荷山の街並みもぜひご覧ください♪

▽配布に関する情報はコチラから

▽施設に関する情報はコチラから
▶1日200円で漫画読み放題! ふる里漫画館のご紹介

【期間・枚数限定】〈復興支援〉姉妹都市・愛媛県宇和島市のマンホールカード

西日本豪雨で大きな被害にあった姉妹都市「愛媛県宇和島市」。
その一日も早い復興に向けて引き続き支援していきたいと思い、姉妹都市 宇和島市をもっと知っていただく機会として、宇和島市のマンホールカードを市役所各庁舎で配布しています!


市内外からお越しいただき、宇和島市を応援しましょう!
※配布枚数は2000枚、2018年9月28日までの配布となります。

2018年9月22日~24日の3日間限定で、『千曲市総合観光会館』と『千曲市更埴文化会館』でも宇和島市マンホールカードを配布をいたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

▽配布に関する情報はコチラから

数に限りのあるカードもありますので、お早目に各施設まで足をお運びくださいませ。

マンホール・棚田・ため池・歴まち 千曲市は今、カードが熱い!
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

【着任年】2017年4月 【出身地】北海道札幌市 【一言と意気込み】前職までに経験した、ITに関する知識を活かして、千曲市の発展に貢献できればと考えています。どうぞよろしくおねがいします。

広 告
広 告