千曲市のこれからの花~ラベンダーと紫陽花(あじさい)~

シェアする

千曲市では4月からあんずに始まってさくら、5月にジャーマンアイリスと、花が続きましたが、6月に入っても花を楽しむことができます。

1つはラベンダー、もう1つは紫陽花(あじさい)です。

ラベンダー【萬葉の里スポーツエリア】

ラベンダーについて、大抵の人たちは北海道の富良野地方を連想しますが、千曲市でも見ることができます。
千曲市上山田にある「萬葉の里スポーツエリア」
多目的グラウンドで様々なスポーツの練習や大会などで使用されますが、その傍ら(グラウンド北側)にラベンダー畑があります。
例年 6 月に入ってから花が咲きます。また花が咲き次第、HPにてご紹介します。

ラベンダーはこんな感じ。

萬葉の里スポーツエリアはこちら↓

紫陽花(あじさい)【智識寺】

紫陽花は梅雨(つゆ)の時期に咲く花として知られ、主に6月中旬から咲き始めます。
千曲市では同じく上山田にあります「智識(ちしき)寺」が有名です。別名「あじさい寺」と呼ばれるほどにあじさいが咲いています。こちらも今年の花が分かり次第、HPにてご紹介します。

紫陽花はこんな感じ。

智識寺はこちら↓

昨年のラベンダー・あじさいはこんな感じでした↓

長野県も梅雨に入り、千曲市も緑や木々が潤う季節となりました。...

智識寺では特別拝観プランもあります↓

紫陽花を観に来られたついでに是非ご利用ください。

当拝観プランのみの限定御朱印を準備してお待ちしております。紅葉の智識寺智識寺限定御朱印新元号に改元される記念の年「平成三十一年」「令和元年」の御朱印を手に入れましょう。智識(ちしき)寺とは。...

この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!
広 告
広 告