りんごの花が満開!摘果作業が進んでいます。

シェアする

ただいま千曲市内のりんご農家では、花が満開となり見頃を迎えています。

△白や淡いピンク色とともに咲き誇るりんごの花。(平成30年4月23日現在)

千曲市内各地にりんご畑はありますが、今回は「漆原・八坂のりんご園」の風景をご紹介します。

漆原・八坂のリンゴ園


千曲市上山田地区 漆原・八坂のリンゴ園ではりんごの花が満開に。
このエリアは、少し前に千曲市環境市民会議が作った「千曲市の残したい自然マップ」にも掲載され、千曲市を代表する景色の一つになっています。

初夏には赤い色をしたふち取りの白い花を付け、秋にはたわわな真っ赤な実となり、この地域全体に見事な景観を作り出しています。


△花のつぼみは赤く

△少しずつ膨らんで

△赤いふち取りをした白い綺麗な花が咲きます。

美味しいりんごができるには

現在、農家の皆さんは摘花作業に追われています。

「摘花(てきか)作業」とは、花を摘み取る作業のこと。
木は養分を吸う量が限られています。そのため花の数を減らすことで、一つの花に養分を集められるようにします。それによってりんごの味や質が変わり、しっかりとした実の美味しいりんごとなります。


△摘花前

△摘花後。一つの枝に一凛だけを残します。


△どの花を残すかは生産者さんの経験により判断されます。華麗な手さばきで作業をされているのは、この村松農園の村松さん。


△全ての枝の摘花は手作業で行われます。

満開のお花が見られるのはあと1週間程度

満開のお花が見られるのは、あと一週間程度。
その間に摘果作業も進みます。

りんご農家の方達は、一年を通して様々な作業を通し丹精に心を込めてりんごを育てています。
大事に大事に育てられていく美味しいりんごたち。
満開のりんごの花の美しさとともに、里山の風景をお楽しみください。

場所

千曲市上山田地区 漆原・八坂は、戸倉上山田温泉街からは約2キロ。智識寺の近く。
智識寺付近に、りんご畑が広がっています。

りんごの花が満開!摘果作業が進んでいます。
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告