姨捨の棚田 「田毎の月」が見れる季節です

シェアする

姨捨の棚田ではほとんどの田んぼに水入れ作業が終わり、早い田んぼでは田植えが始まっています。
5月末からは本格的な田植えシーズンとなります。

「日本の棚田百選」 姨捨の棚田 美しさの理由

姨捨の棚田は国の「重要文化的景観」や「日本の棚田百選」に選定されています。聖山高原を背に、善光寺平を一望でき、標高は460m から560mに至ります。面積は40ha程度。今も小さな棚田が1500余りも連なり郷愁あふれる風景をつくりだしています。


△平成30年5月16日。水入れがされた田んぼたち。

時代を越えて愛される姨捨の棚田の原風景。その美しさの理由は、「田の大きさ」と「畦(あぜ)」といわれています。

一枚一枚の田が小さい

姨捨の棚田は「蓑(みの)・菅笠(すげがさ)の下に隠れる」と例えられる小さな田が、斜面を埋めているのが特徴の一つ。
大きさも形もまちまちな田の集合が立体的な棚田の綺麗な広がりを作り出しています。


△小さな田園ひとつひとつを、多くの人が力を合わせて保全しています。

土坡(どば)の畦

田を区切る畦にも特徴があります。姨捨の棚田の畦は「土坡」という、土をもって作る東日本に多いもの。 石を積んで固める西日本に多い畦と比べ、より優美な印象を与えてくれます。

このように姨捨の棚田は、自然と長年に渡る人間の頑張りが重なり合ってできている土地。

さて、この姨捨の棚田に水入れが終わると、多くの写真愛好家が「田毎の月」を求め棚田を訪れます。

田毎の月とは?

平安時代の頃から姨捨は観月の名所として知られ、万葉集にも詠まれた場所です。江戸時代から明治にかけて開田が大きく進むにつれ、小さな棚田に映りこむ月影が一層注目されるようになりました。
斜面に並ぶ不揃いな形の田んぼそれぞれに月が移りゆくことを「田毎の月」と言い表し、松尾芭蕉や小林一茶など多くの文人墨客が訪れ、歌句の題材にもなりました。

△田んぼに移る月の様子(千曲市写真コンテストより)

5月の満月は29日(火)。この日、またはこの前後に田毎の月を狙うには絶好のチャンスです!

満月・新月スケジュール

平成30年5月15日(火) 新月
平成30年5月22日(火) 上弦の月
平成30年5月29日(火) 満月
平成30年6月7日(木) 下弦の月
平成30年6月14日(木) 新月

この時期だけに見られる幻想的な風景です。ぜひ、姨捨の棚田にお越しください。

姨捨の棚田 「田毎の月」が見れる季節です
この記事をお届けした
信州千曲観光局の最新ニュース・お知らせを、
いいねしてチェックしよう!

千葉県出身。ヨーガインストラクターとして長年都内で活動。2017年、祖父母が住んでいた千曲市の地域おこし協力隊員に応募、着任となる。
千曲市の魅力をたくさん発見し、様々な方へ発信していきます。

広 告
広 告